光岡自動車とはどんな会社?その歴史や魅力について徹底調査!TOP

光岡自動車とは?

国内で車の設計・製造を手がけ、販売店でもある光岡自動車。

光岡自動車の車は、レトロで独特なデザインが特徴。
大掛かりな宣伝はしていないので、あまりなじみがないという方も多いかもしれませんが、熱狂的なファンが多いことで知られているのです。

光岡自動車の歴史

1968年創業の光岡自動車。
当初、新車や中古車の販売を行なっており、BUBUという名称は、全国的にもよく知られています。

そんな光岡自動車ですが、1979年には、開発部が設置され、「BUBUシャトル」や、「ニアセブン」「ヌエラ」「オロチ」などを開発していきました。

2010年には、電気自動車も発表しているようです。

光岡自動車の魅力とは?

車の生産過程は、一般的には流れ作業が主流なのですが、光岡自動車は、1台1台を職人が担当。
熟練の職人の手によって、注文を受けてから生産するというスタイルは、光岡自動車の大きな魅力です。

光岡自動車は、車は手作りするモノという概念のもと、製造、販売を行っているのです。

そしてやはり、独特なデザインも多くな魅力です。
一見クラシックカーのようにも見える車など、レトロさと高級感を感じさせるデザインは、他のメーカーでは見ることはありません。

外見だけではなく、インテリアにも力を入れていますし、内装のカスタマイズも可能となっているようです。

こだわりの1台を手に入れたいという方に人気なのです。